玄関ポーチの特徴とは?設置する際に気をつけたいポイントを紹介します!

家をつくる時に玄関ポーチをつけようと思っている方はいるでしょう。
今回は玄関ポーチの特徴と選ぶときに気をつけたいポイントについて説明していきます。

□玄関ポーチの特徴

玄関ポーチの特徴を3つ紹介していきます。

1つ目はスムーズな出入りの対応が可能になることです。
この点が最大のメリットといえるでしょう。
玄関ポーチを付けることで荷物やベビーカーを置くスペースができ、来訪者の対応をスムーズに行えます。
来訪者以外にも、雨天時の外出時に屋根のあるところで傘をさせたり、帰宅時に雨粒を落とすスペースになったりします。

快適に過ごすために重宝する空間といえるでしょう。

2つ目は雨や雪が入り込まないことです。
玄関ポーチには屋根がついており、玄関に雨や雪が入り込むのを防いでくれます。
また、酸性雨による劣化を防いだり、湿気の侵入を減らしたりする機能もあります。
屋根が広い場合、台風のような風の強い日に飛ばされやすいものを避難させるスペースにもなります。

3つ目は日よけ機能です。
玄関ポーチの屋根には日光が直接玄関に当たることを防ぐ効果もあります。
この効果がないと、直射日光によって玄関内の温度が上がってしまいます。
また、直射日光を防ぐことで、ドアの劣化スピードを遅らせたり、玄関に置いている家具の見た目を維持したりする効果もあります。

□玄関ポーチを選ぶ時に気をつけたいポイント

ここからは玄関ポーチを選ぶ時に気をつけたいポイントを4つ紹介します。

1つ目は玄関ポーチの広さです。
理想は2人から3人が入る広さを確保することです。
日本の玄関は外開きが多いです。
そのため、玄関ポーチは広めにしておかないと不便に感じることが多くなります。

前述のようにベビーカーを置いたり、雨天時に傘をさしたりといったメリットを感じたいのであれば、180cm×120cm以上の広さを確保するのがいいでしょう。

2つ目は屋根です。
玄関ポーチをつくる時に屋根はいらないと考える方が一定数います。
しかし、玄関ポーチの屋根は雨風を防いだり、直射日光を防いだりという役割があります。
玄関ポーチをつくるのであれば屋根は必須といえるでしょう。

3つ目は照明です。
照明には3種類あります。
軒下ダウンライト、ポーチライト、屋外フットライトの3種類です。
どのライトにするにしても、LEDにすれば長期間交換する必要は無くなります。

4つ目は階段です。
玄関ポーチには階段を設置するのが一般的です。
ベビーカーや車椅子をよく使うといった家庭はスロープを設置するのもいいでしょう。

□まとめ

今回は玄関ポーチの特徴と選ぶときに気をつけたいポイントについて説明しました。
玄関ポーチを設置しようと考えている方、玄関ポーチについて知りたいと考えていた方の役に立てば幸いです。

PageTop