高気密高断熱は必要ない?高気密高断熱の効果について紹介します!

これからの住まいを検討されている方にとって、「どのような住宅に住むのか」という問いは非常に重要です。
その選択肢の1つとして高気密高断熱住宅があります。
よく高気密高断熱は必要ないと言われることもありますが、本当にそうなのでしょうか。
今回は、高気密高断熱住宅の定義や効果について紹介します。

□高気密高断熱住宅の定義について

高気密高断熱住宅とは、その名の通り、「高気密」と「高断熱」を兼ね備えた住宅を指しますので、「高気密」の定義と、「高断熱」の定義の2つに分けて紹介します。

まず「高気密」とは、住宅における隙間をできるだけ少なくして、空気の出入りを少なくした状態を指します。
気密性の高さは、具体的な数値で割り出すことができます。

具体的には、C値と呼ばれる数値を見れば、気密性の高さが分かります。
C値とは、住宅における隙間の面積を、延べ床面積で割って算出したものを指します。
つまり、C値が低ければ低いほど、高気密であることを示します。

次に、「高断熱」とは、住宅が保有している熱を外に出しにくい状態を指します。
室内の熱気が外に逃げ出しにくい状態を保てている家が高断熱住宅にあたります。
こちらの「高断熱」という性質も数値で表せます。

具体的な数値としては、熱損失係数であるQ値や、外皮平均熱貫流率であるUA値で表されます。
どちらの数値も低ければ低いほど、高断熱であることを示します。

□高気密高断熱は必要ないのか

結論としては、高気密高断熱住宅を選択することはおすすめです。
その理由を3つ紹介します。

1つ目は、省エネにつながるからです。
高い室温を保てることは、高気密高断熱住宅における大きな特徴の1つです。

その背景には、高い気密性から外気の影響をあまり受けないことや、高い断熱性から暖めた室内があまり冷えないことがあります。
過度に冷暖房を使用することが不要であるため、その結果として省エネにつながります。
省エネを実現できることは、地球全体にとっても家計にとっても良いことで、まさに一石二鳥ですね。

2つ目は、室内において温度差が生まれづらいことです。
高気密高断熱住宅では、全ての部屋の温度を一定に保てます。

一方で、気密性や断熱性に欠ける住宅では、部屋ごとに温度差が生まれてしまいます。
例えば、脱衣所とリビングに大きな温度差が生まれてしまうことがありますが、そのような大きな温度差はヒートショックにも影響します。
つまり、室内の温度差は、身体の健康状態にも影響することがあるため、できるだけ部屋と部屋の温度差は小さくしておきたいものです。

□まとめ

今回は、高気密高断熱住宅は必要ないのかどうかについて紹介しました。
高気密高断熱住宅には、多くの魅力が詰まっているため、長所や短所を考慮したうえで高気密高断熱住宅に住むかどうかを検討すると良いでしょう。
不明点等ございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

北海道の住宅における断熱は重要!断熱材の種類と寒冷地に向いた断熱材を紹介します!

断熱性を高められるかどうかは、室内で快適に過ごせるかどうかに、大きく関係しています。
特に、北海道ではマイナスを下回る寒冷地なので、断熱性を高めることは必要不可欠です。
今回は、北海道のような寒冷地でも快適に過ごすために、断熱材の種類や寒冷地に向いた断熱材について紹介します。

□断熱材の種類について

住宅の室内の温度環境を快適に保つためには、断熱性を高めることが非常に重要です。
ここでは、断熱性を高めるために使用する断熱材の種類について紹介します。
大きく分けて2つの種類があります。
1つ目は、繊維系断熱材です。
断熱材の素材の繊維の間に空気を閉じ込めることで、断熱性を高めることが特徴です。
素材には、多くの種類があり、素材によって繊維の太さや密度が異なるため、断熱性の高さが変わります。

2つ目は、発砲プラスチック系断熱材です。
プラスチック素材の中に細かい泡を閉じ込めて、空気の層をつくることで、断熱するものです。
この断熱材は、プラスチックの種類や、素材の中につくられる泡の大きさや数によって、断熱性が変わります。

□北海道の住宅に向いている断熱材とは

前提として、断熱材を選ぶ際は、断熱材の種類や住宅の環境を考慮したうえで、ご自宅に合っているものを選ぶことが大切です。
その前提の上で、北海道のような寒い地域でよく使われる断熱材を紹介します。

それは、ESP断熱材と呼ばれるもので、これは発泡プラスチック系断熱材に該当するものです。
ESP断熱材の特徴は、以下の通りです。

・水に強い
・軽くて扱いやすい
・価格が比較的安い

北海道のような寒い地域では、室内と室外との温度差が非常に激しいため、結露が発生しやすいという特徴があります。
そのため、他の地域と比べて、より入念に外壁や外断熱に加えて床下や換気に対して調べることが大切です。

例えば、気密性がそこまで高くない断熱材の採用には注意が必要です。
それは、気密性がそこまで高くない断熱材を選んでしまうと、結露の発生につながりやすいからです。
結露の発生は、外壁や床下などの木材の腐食にもつながるため、結果的に建物の耐久性につながります。
そのため、水に強くて扱いやすいという特徴を持つESP断熱材や、気密性と耐久性の高さが大きな特徴であるウレタンフォームを使うことは、断熱性という面からは無難であるといえます。

ただし、断熱材を選ぶときは、ご自宅の環境や予算に合わせることが大切であるため、「絶対にこの断熱材がいい」というものはありません。
そのため、もし分からないことや不明点がある場合は是非当社にご相談ください。

□まとめ

今回は、断熱材の種類と北海道のような寒冷地に向いた断熱材を紹介しました。
断熱材には多くの種類があり、それぞれの特徴があるため、まずは様々な断熱材について調べられることがおすすめです。
当社は、お客様の夢が叶うような住宅づくりのお手伝いをさせていただいております。

高気密高断熱の家における冬の室温はどれくらい?実例と暖かさの原因を紹介します!

高気密高断熱の住宅では、暖かく快適に過ごせるとよく言われます。
では、なぜそのような快適な室温を保てるのでしょうか。
今回は、高気密高断熱の住宅における冬の室温について実例を用いて紹介し、暖かさの原因についても紹介します。
寒い地域での注文住宅をご検討中の方は、是非ご一読ください。

□高気密高断熱の住宅における冬の室温について

ここでは、高気密高断熱の住宅における冬の室温について紹介するために、実例を用います。
具体的には、木造2階建ての延床面積が30坪の住宅における冬の室温について紹介します。

こちらの住宅は、ある冬の日において、外の気温がマイナス1度の日がありました。
このように、過度に寒い日でも、こちらの住宅ではエアコンの設定温度が22度ほどで十分であると住民の方がおっしゃっています。

また、2階で暖房を22度に設定すると、1階は何の暖房器具を使わずとも、1階の気温を18度ほどで保てます。
さらに、暖房を一切使わずとも、室温を14度から16度の間で保てます。
このように、高気密高断熱の住宅では、過度に暖房を使わなくとも、室内の温度を暖かい状態で保てます。

□高気密高断熱の住宅における冬の室温はなぜ快適なのか

高気密高断熱の住宅では、寒い冬でも快適に過ごせることを具体的な数値を用いて紹介しました。
では、なぜそれほど暖かい温度を保てるのでしょうか。

それは、高気密高断熱の住宅では、体感温度を暖かく感じる構造になっており、表面温度を高く保てるからです。

体感温度は、表面温度と室温を足して2で割ると算出できます。
この式に含まれる表面温度を高く保てることに、暖かさの原因があります。

具体例を用いて紹介します。
例えば、AとBの住宅があるとして、Aの表面温度は10度、Bの表面温度は20度であるとします。
また、AとBの住宅は、ともに室温が20度であるとします。
その場合、それぞれの住宅における体感温度は、Aの場合は、体感温度は15度、Bの場合は、体感温度は20度です。

このように、表面温度の違いは、体感温度の違いにつながります。
そのため、表面温度を高く保てる高気密高断熱の住宅では、暖かく快適に過ごせます。
寒い地域での注文住宅をご検討中の方は、是非「断熱性」や「気密性」を高めることをご検討ください。

□まとめ

今回は、高気密高断熱の住宅における冬の室温の実例と、暖かさの原因について紹介しました。
暖かく快適に過ごすためには、暖房を使用して、室温を高めることも大切ですが、それと同じように、断熱材等を使用して表面温度を高めることも大切です。
注文住宅をご検討中の方は、是非お気軽に当社までご相談ください。

高気密高断熱住宅が室内における温度差を低くするメリットについて紹介します!

高気密高断熱の住宅の大きな特徴として、室内における温度差を低くすることが挙げられます。
温度差を低くすることのメリットは一体何なのでしょうか。
今回は、高気密高断熱の住宅が温度差を低くする理由とそのメリットについて紹介します。

□高気密高断熱の住宅において温度差が低くなるのはなぜか

高気密高断熱の住宅において温度差が低くなるのは、高気密高断熱の住宅は外気の影響を受けにくいからです。
例えば、暖房を使って室内を暖めたとしても、外気の影響を受けると、室内温度が下がってしまう可能性があります。

また、空気の性質として、暖かい空気は上に行き、寒い空気は下に集まるという性質があります。
そのため、2階建て住宅や3階建て住宅では、階によっても温度差が生まれてしまいます。
高気密高断熱の住宅では、外気の影響をあまり受けないため、部屋内や階による温度差が生まれにくくなります。

□高気密高断熱の住宅において温度差を低くするメリットについて

1つ目は、冷暖房の効率の良さです。
高気密高断熱の住宅は、外気の影響を受けないことに加えて、室外に暖気や冷気を逃さないという特徴があります。
そのため、過度に冷暖房を使う必要がなくなります。
結果として、冷暖房の使い過ぎを防げるため、節電にもつながります。

2つ目は、体感温度の差がなくなることです。
体感温度は、室内温度と表面温度によって左右されます。
例えば、暖房を使って室内温度を22度に設定したとしても、表面温度が低くなってしまうと、体感温度は22度よりも低くなります。
また、気密性が低い住宅では、部屋によってすきま風が入りやすい場所があるため、部屋によって体感温度の差が出てしまうことがあります。

一方で、高気密高断熱の住宅では、外気の影響を受けにくいため、部屋全体を均一の温度に保ちやすくなります。

3つ目は、ヒートショックを予防できることです。
こちらは、体感温度の差が大きいと、ヒートショックが起きやすくなるため、体感温度の差がなくなることに起因します。

例えば、ヒートショックがよく起きる場面として、お風呂から出てリビングに戻ったときが挙げられます。
お風呂で温まった体が、部屋の中の寒い冷気に触れることで、血流や血圧が大きく変化してしまい、ヒートショックが起きてしまいます。
高気密高断熱の住宅では、部屋間における温度差を低くできるため、ヒートショックを防ぐ効果に期待できます。

□まとめ

今回は、高気密高断熱の住宅において温度差が低くなる理由と、温度差を低くすることのメリットについて紹介しました。
表面温度を高く保つことで、体感温度の差が低くなり、節電やヒートショックの予防などにつながります。
注文住宅をご検討中の方は、是非お気軽に当社までご相談ください。

北海道の家はなぜ暖かいのか?その理由とよく使われる暖房器具について紹介します!

北海道の家はなぜ暖かいのでしょうか。
北海道は寒い地域であるからこそ、寒さ対策が充実されています。
そこで、今回は北海道の家が暖かい理由とよく使用されている暖房器具について紹介します。

□北海道の家はなぜ暖かいのか

北海道のような寒い地域では、暖かく過ごすための工夫が家の中で多くされています。
その中でも、特に重視されていることが、いかに「断熱性」と「気密性」を高められるかということです。
それぞれの特徴や概念について紹介します。

まずは、「断熱性」について紹介します。
「断熱性」とは、熱を遮断する性質を指します。
具体的には、室内の暖気や冷気をいかに外に逃がさないかということを示す1つの指標です。
つまり、北海道の多くの家では、「断熱性」をより高めることで、過度に暖房を使わなくても、部屋全体を効率的に暖めることを実現しています。

次に、「気密性」について紹介します。
「気密性」とは、気体が漏れない性質を示します。
例えば、外の冷たい空気が、室内に入りにくいように、住宅の隙間が少なく設計されている場合は、「気密性」が高いといえます。
外の冷気が室内に入ってしまうと、仮に室内を暖めていたとしても、十分に暖気が循環しないため、とても非効率的です。
そのため、いかに「気密性」を高められるかという視点も重要です。

これらの「断熱性」と「気密性」を高めるための工夫として、断熱材を使用することが挙げられます。
特に、窓の周辺に「断熱性」を使用することを意識するだけで、効率的に「断熱性」と「気密性」が上がります。

□北海道の家でよく使われている暖房器具について

家の中で暖かく過ごすために、「断熱性」と「気密性」を高めることが大切であることについて触れましたが、それに加えて、室内で使う暖房器具の重要度も高いです。
ここからは、北海道の家でよく使われている暖房器具について紹介します。

1つ目は、セントラルヒーティングです。
セントラルヒーティングは、室内を均一に暖めるという特徴があり、暖める際に、温風を使うのではなくて、放射熱で暖めます。
この器具を使う大きなメリットとして、安全性の高さが挙げられます。

例えば、室内を均一に暖めることで、室内の温度差をなくせるため、ヒートショックの予防に期待できます。
また、温風を使わないため、ほこりや汚れが室内に舞いづらく、二酸化炭素が排出されないため、小さなお子様がいらっしゃる場合も安心して使えます。

2つ目は、床暖房です。
床暖房を使用することで、足元から暖まるため、足の指先が冷えやすい冷え性の方におすすめです。
ただし、設置する際は初期費用がかかりますので、事前に予算を把握されると良いでしょう。

□まとめ

今回は、北海道の家が暖かい理由とよく使用される暖房器具について紹介しました。
北海道は寒い土地だからこそ暖かく過ごすための工夫が蓄積されています。
当社は、お客様の夢を叶える家づくりをさせていただいておりますので、注文住宅をご検討中の方は、是非お気軽に当社までご相談ください。

断熱等級5の基準とその基準を満たすためにできることについて紹介します!

「断熱等級5っていう言葉をよく聞くけど、結局それは何だろう。」
このようなお悩みをお持ちの方は、是非この記事をご一読ください。
実は、断熱等級を下げることには大きな価値があります。
今回は、断熱等級5の基準とその基準を満たすためにできることについて紹介します。

□断熱等性能等級の概念と断熱等級5の基準について

断熱等性能等級は、断熱性能に加えていくつかの性能を規定したものです。
より詳細にいうと、断熱等性能等級は、室内から室外へと逃げる熱量を平均したUA値という数値で表されます。

断熱等級5とは、UA値が0.86以上かつ0.6以下である状態を指します。
UA値の数値を見ても、断熱等級についてイメージしづらいかもしれません。
そのため、ここでおさえていただきたいことは、断熱等級5という基準は新設されたものであることと、UA値を下げることにはメリットがあるという2点です。

断熱性能が高いと、室内では快適な温度環境を保てるため、過度な冷暖房の使いすぎを防げるので、二酸化炭素の排出を抑えられます。

つまり、断熱性を上げることは、地球環境にやさしいといえます。
SDGsの実現に向け、省エネ対策は重要視されており、以前までは断熱等性能等級は4までしかなかったものの、現在は断熱等性能等級5が設定されており、さらには6以上も設定されています。

現在は、多くの住宅に断熱等級5の基準を満たすことが求められています。
実際に、省エネ住宅であるとみなされた家には、自治体から助成金が出ることもあります。

また、UA値が低い家では、冷暖房をつかいすぎることが不要であるため、節電にもつながります。
断熱等級を下げることは、家主にとっても、地球環境にとっても、メリットがあります。

□断熱等級5の基準を満たすためにできることについて

1つ目は、熱損失量を減らすことです。
熱の出入りが激しい窓ガラスのサッシを熱伝導率の低い素材に変えることや、壁に断熱材を取り入れることで、室内の熱を室外に逃しにくくなります。
特に窓ガラスの断熱性を高めることが最も重要です。

そのため、窓ガラスのサッシには、特にこだわりたいものですが、樹脂サッシがおすすめです。
樹脂サッシは、寒さが厳しい北米や北欧でも多く採用されているものであるため、効率的に断熱性を高められます。

2つ目は、外皮面積を増やすことです。
外皮面積とは、熱的境界線に接している面積のことです。
UA値は、熱損失量や日射熱取得量の合計を、外皮面積の合計で割ることで、算出できます。
つまり、基本的に外気に直接触れている部分を増やすと、UA値が下がる可能性が高まるということです。
具体的には、基礎断熱と屋根断熱を採用することで、外皮面積は増えます。

□まとめ

今回は、断熱等級5の基準とその基準を満たすためにできることについて紹介しました。
UA値を下げることで、自治体からの助成金や、光熱費の削減に期待できます。
理想的な生活をお持ちの方は、是非お気軽に当社までご相談ください。

北海道ならではの家の特徴と北海道で暖かく過ごすためのポイントについて紹介します!

北海道での暮らしにおいて、寒さや除雪作業とうまく付き合うことは大切です。
今回は、北海道ならではの家の特徴と北海道で暖かく快適に過ごすためのポイントについて紹介します。

□北海道ならではの家の屋根について

現在の北海道にある住宅では、無落雪屋根が採用されていることが多いです。
無落雪屋根が多く導入されるまでは、三角屋根や、マンサード屋根が非常に多く採用されていました。
都市化が進んだことや、屋根の上での除雪作業中の転落事故が相次いだことが背景にあり、現在では、無落雪屋根を採用する住宅が主流です。
そのため、無落雪屋根を採用している住宅が多いことは、北海道ならではの家の特徴です。

無落雪屋根は、屋根の上に積もった雪を自然処理してくれる機能があるため、除雪作業中に転落事故を起こす可能性がありません。
その屋根の形には、いくつか種類がありますが、有名なものとして、フラット屋根が挙げられます。
フラットな屋根の上に積もった雪を太陽光が溶かし、少しずつ屋根外に流してくれるものです。
「北海道には平らな屋根の家が多い」というイメージを持たれる方も多いと思いますが、それには除雪作業を効率化させる無落雪屋根と関係しています。

□北海道ならではの寒さの中でも暖かく快適に家で過ごすポイントについて

1つ目は、断熱性を高めることです。
断熱性とは、熱を伝えにくくする性能のことです。
そのため、断熱性の高い家に住むと、冬の冷気が室内に伝わりにくく、室内では快適な温度環境を保てます。
床や壁に断熱材を取り入れることで、断熱効果を高められます。

2つ目は、換気を適切にすることです。
北海道のような寒い場所では、どうしても換気を怠ってしまいます。

しかし、空気の循環が悪いと、心身の健康に悪影響を与えるため、快適に過ごせません。
そこで、暖かさを保ちながら換気を行うために、空気中に含まれるほこりや汚れを取り除くフィルタリング機能が付いた熱交換型の24時間換気システムを使用することがおすすめです。

3つ目は、屋根の形状にこだわることです。
屋根に雪が積もることが毎日のように起こることは北海道ならではの特徴です。
そのため、除雪作業の効率を考慮して、そもそも除雪作業が不要になる無落雪屋根を採用することも1つの方法です。

□まとめ

今回は、北海道ならではの家の特徴と、暖かく快適に過ごすためのポイントについて紹介しました。
北海道ならではの寒さや雪とうまく付き合うことで、快適な暮らしは実現可能です。
理想的な住宅を実現したい方は、是非お気軽に当社までご相談ください。

断熱性能については考慮すべきなのか?その重要性について紹介します!

「住宅において断熱性能は重要である」ということはよく言われますが、それは本当なのでしょうか。
今回は、断熱性能と、断熱性を上げることの重要性について解説します。

□そもそも断熱とは何なのか

断熱とは、熱を伝えにくくすることです。
断熱と、よく混乱して覚えられている言葉に、遮熱があります。
遮熱は、熱を伝えにくくすることではなく、熱を反射することです。

例えば、クーラーボックスを使うことで、真夏の日でも冷たいジュースを飲めますが、これは夏の暖気を「伝えにくく」するという断熱作用をクーラーボックスが有しているからです。

一方で、日傘を使うことで、日焼けや紫外線を防いでいる方も多いと思いますが、それは、太陽光を「反射する」という遮熱の1例です。

□断熱性能を保つことの重要性について

断熱性能を保つことは、とても重要です。
ここでは、断熱性能を保つことの目的を紹介します。

1つ目は、健康を保つためです。
一見、住宅の断熱性と健康は無関係に思われますが、実は室温と健康は大きく関係しています。

イギリスの保健省によると、室内の温度は、18度以上であることが望ましいとされています。
それは、室内の温度が18度未満になると、健康リスクが生じるからです。
具体的には、冷気を吸い込むことで、肺が冷えてしまい、気管支や呼吸器疾患につながる可能性があります。

2つ目は、地球環境を保つためです。
大袈裟に思われるかもしれませんが、実は大きく関係しています。
断熱性能が悪いと、過度に冷暖房を使ってしまう可能性があります。

例えば、真冬の時期に、暖房を使って室内を暖かくしても、断熱性が悪く、すぐに室内温度が下がると、どうしても暖房を長く使ったり、設定温度を過度に上げてしまいます。
この冷暖房の使い過ぎは、二酸化炭素の排出につながります。
そのため、断熱性能を上げて、冷暖房の使い過ぎを防ぐことは、地球環境を保つことにつながります。

また、この考え方は決して大袈裟なものではありません。
実は、断熱性が高く、地球に優しい家を建築する際に、自治体から助成金が出ることがあります。
それは、低炭素住宅を増やす目的があるからです。
それほど地球環境に優しい家に住むことは大切です。

そして、地球環境に優しいことはもちろんですが、冷暖房の使い過ぎを防ぐことは節電にもなります。
そのため、光熱費の削減にもつながるでしょう。

□まとめ

今回は、断熱性能を上げることの重要性について紹介しました。
断熱性能を上げることは、ご自身のためにも、地球のためにも、必要なことです。
ご自身の理想的な住宅を是非当社と共に実現しませんか。
断熱性向上の面からもサポート致します。

北海道の家の屋根の特徴について紹介します!

北海道の住宅地を見渡したとき、少し違和感はございませんか。
実は、北海道の家の屋根にはある特徴があります。
今回は、北海道の家の屋根の特徴について紹介します。

□北海道において無落雪屋根が増えた理由について

北海道において、無落雪屋根を備えた家は非常に多くあります。
無落雪屋根とは、雪を自然処理してくれる屋根のことです。

そのような屋根が増えた背景には、屋根からの転落事故の多発があります。
北海道のような雪国では、屋根の上に雪が積もることは日常茶飯事です。
そのため、屋根に積もった雪を下ろす作業が必要になりますが、その際の転落事故が問題視されており、解決策として無落雪屋根の導入がありました。
無落雪屋根は、屋根に積もった雪を自然処理してくれるため、屋根の上の雪を下ろす作業が不要になるため、転落事故の減少につながります。

□北海道でよく採用されている屋根とその特徴について

無落雪屋根には、いくつかの種類があることに加えて、無落雪屋根以外にも、雪対策のための屋根は多く存在します。
ここでは、北海道でよく採用されている屋根と特徴について紹介します。

1つ目は、ダクト式屋根です。
この屋根には、ダクトが設置されており、そこから雨水や排水が、建物内を通して排出されます。
屋根に設置されたダクトを通して、屋根の上に積もった雪を処理するため、家の周囲が住宅や建物で囲まれていても、積雪の処理が可能です。
また、見た目が真四角であるという特徴もあるため、この屋根を見て北海道や東北などの雪国を連想される方も多いかもしれません。

2つ目は、片屋根です。
この屋根は、傾斜が片方のみに流れるものです。
その傾斜を活用して、積雪を自然処理してくれます。

ただ、屋根の上の屋根を地面に落とすため、周りに建物がある場合、この屋根は不向きな可能性があります。
落雪してもいいスペースが確保されている場合に、採用されていることが多いです。

また、建物の断熱が不十分な場合、この屋根にはつららが出来やすいため、断熱対策には注意が必要です。
つららは季節を感じさせる側面がありますが、非常に危険であるため、片屋根を採用する際は、断熱材を取り入れることや、外壁塗装をすることなど、断熱対策を考慮しましょう。

□まとめ

今回は、北海道の家の屋根の特徴について紹介しました。
雪国ならではの「除雪問題」を効率的に解決するためには、屋根にこだわりを持つことが必要です。
当社は、夢をかなえる家づくりを目指しております。
注文住宅をご検討中の方は、是非お気軽に当社までお声がけください。

zeh基準とは?詳しく解説します!

環境にやさしい家をつくりたいと考えている方は多いのではないでしょうか。
そこでおすすめしたいのが、zehを導入した注文住宅です。
今回は、注文住宅を検討している方へ向けて、zehとは何かについて解説します。
また、zehの基準についても詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

□zehとは?

zehとは、断熱性能や気密性能などを高めることで消費するエネルギーを少なくさせたり、太陽光発電といったシステムで生活することで使用するエネルギーを生成したりすることで、年間の1次消費エネルギー量を0以下にする住宅のことです。

□zehの基準とは?

zehの基準は以下の4つです。

・強化外皮基準を満たすこと
・再生可能エネルギーを除いた1次エネルギーの消費量が基準から20%以上削減されていること
・再生可能エネルギーが導入されていること
・再生可能エネルギーを考慮して、1次エネルギーの消費量が基準から100%削減されていること

それぞれを順に解説していきます。

まず、強化外皮基準を満たすことです。
これは、エネルギーの消費を必要最小限にとどめることを目標にしています。
例えば、住宅に高性能の断熱材を使用することで、エアコンの使用によるエネルギー消費を抑えることを期待します。

次に、再生可能エネルギーを除いた1次エネルギーの消費量が基準から20%以上削減されていることです。
これを満たすには、住宅の各設備が高効率でなければなりません。
例えば、照明や空調、給湯、換気といった設備すべて効率の良いものにする必要があります。

続いて、再生可能エネルギーが導入されていることです。
例えば家の屋根の上に太陽光パネルを設置して、太陽光発電システムを導入することがその例の1つとして挙げられます。

最後に、再生可能エネルギーを考慮して1次エネルギーの消費量が基準から100%削減されていることです。
太陽光発電といった発電システムで再生可能エネルギーを創出することで、実質的なエネルギー使用量をゼロにします。
つまり、年間で創出したエネルギー量が年間で消費したエネルギー量以上になることを指します。
光熱費が0ではない点に注意しましょう。

□まとめ

今回は、zehとは何か、またその基準について解説しました。
環境に良い住宅をつくりたい方は、zehの基準についてはしっかりと理解しておきましょう。
当社は、お客様の理想の住宅をお届けいたします。
注文住宅をご検討される際は、ぜひ当社までお問い合わせください。