2022年9月 1日

SDGSの取り組み

SDGSの取り組み

SDGS (1).png

SDGSとは
SDGS(エスディージーズ)とは「Sustainable Development Goals」を略したもので、
日本語では「持続可能な開発目標」と呼ぶ、
国際社会共通の目標です。2015年9月に、150カ国を超える世界のリーダーが
参加して開かれたサミットで採択されました。
このサミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
2015年から2030年までの長期的な開発の指針で、
「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現を2030年までに
国連加盟諸国が達成すべき「17の目標」が掲げられています。

㈱HOPE・創LifeはSDGSの理念に賛同して持続可能な社会の実現に向けた取り組みを積極的に考えて、
地域の人が心地良く暮らせる住まいや安心して暮らせる町づくりを実現するための
取り組み目標を設定しました。

SDGS2.png
すべての人に健康と福祉を
■ 自然素材の家づくり
・内装材に自然素材や化学物質を使わない接着剤を使う事で健康的で快適な生活ができる家づくりをします。
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
■ 創エネルギーシステムの採用
・太陽光発電設備等の創エネシステムによるクリーンエネルギーを使う家づくりを目指します。
気候変動に具体的な対策を
■ 高断熱高気密の家づくり
・高断熱化と効率の良い換気システムを採用し温暖化効果ガスの発生を抑える家づくりをします。

SDGS3.png

働きがいも経済成長も
■ 女性スタッフが活躍する職場
・女性が子育てしながらでも働きやすい環境の整備をして、長く活躍してもらえる職場を創ります。
住み続けられるまちづくりを
■ 古い住宅を利活用する
・古くからある住宅をリノベーションする事によって価値を高めるまちづくりの一助を担います。
つくる責任つかう責任
■ 高耐久の家づくり
・高耐久の外壁や自然素材を使用してライフサイクルを長くする事で資源を減らし
地球環境への負荷を減らします。

SDGS4.png

ジェンダー平等を実現しよう
■ 男女平等な職場をつくる
・女性が職場でリーダシップを発揮して働けるような環境を整備する事と学ぶ機会を作ります。
パートナーシップで目標を達成しよう
■ 地域密着型の企業となる
・持続可能な開発を成功させるために地域と密接に連携して価値観を共有できる企業となります。


ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)について

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)について

ゼッチ取り組み.png
ZEH(ゼッチ)とは「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)」の略語です。

当社では国でZEHの普及に向けた「2030年度以降新築される住宅について、ZEH基準の水準の
省エネルギー性能の確保を目指す」という政府目標の達成及び地球温暖化対策としても
必要なZEHの普及に取り組むために「ZEHビルダー」の登録申請をして、
ZEH支援事業に取り組む事となりました。




当社のZEH普及目標

当社にて建築する新築住宅について、ZEH受託率を2025年までに50%以上とする事を目標とします。


ゼッチ目標.png




「ZEH」の定義とは?

ZEHは、エネルギー収支をゼロ以下にする省エネルギー性能、断熱性能、創エネルギー設備を有した住宅で、
年間の一次エネルギー消費量(冷暖房・給湯・照明・換気)を
プラスマイナス「0ゼロ」にする住宅の事です。
ゼッチ.png
ZEH住宅には3つの要素が必要となります


① 省エネルギー
・家庭内で消費する電気の量を減らすためにLED照明や高効率の給湯暖房設備や
 換気システムを使い無駄な電力を省く事が必要となります。
② 断熱性能
・住宅の壁や床、天井に使われる断熱材を厚くするなど断熱性能を高める事と、
 気密性能を向上させる事で消費されるエネルギーが削減されて快適な環境を作ります。
③ 創エネルギー
・太陽光発電などの創エネルギー設備を設置する事により、生活で消費するエネルギーよりも
 創り出すエネルギーが多くなる様に創エネ設備を設置する事が必要です。
ゼッチ2.png

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント